HOME > ぽぷら幼児童学園とは?

ぽぷら幼児童学園とは?

大切な幼児期に愛情豊かに育てられた子どもは
「ぽぷら」の木のようにまっすぐ伸びていきます
お子様一人ひとりの個性や能力を生かし
先に伸びゆく子どもを育て教育していくのが
ぽぷら幼児童学園の考え方です

いろんな体験と広く正しい知識を身につけながら
高い目標と夢に向かって共に歩んでいける、ぽぷら幼児童学園です

理念

ポリシー

知育と徳育、バランスのとれた子どもに育てます

  • 心身共に健全な早期知能開発教育に取り組んでいます。
  • 子どもたちの学ぶ意欲を引き出す指導を行っています。
  • 言語コミュニケーション能力・表現力を豊かにする独自カリキュラムを導入しています。
プラン

2歳児から小学生2年生まで、年齢別、目標や希望に応じてきめ細かなコースをご用意しています。
学ぶ意欲を引き出し知能を高めていく「知能開発コース」や志望校に向けての「小学校受験コース」、「難関校特訓コース」、国立・私立校進学後のサポートをしていく小学生のためのコースなど、お子様一人ひとりの力を最大限に伸ばす指導体制で行っています。

ランド

まるで家庭のようにありたい。
核家族化が進む中、保護者の皆様が、子育ての悩みを抱えないように、どんな事でも私たちに相談できる場であってほしいと願っています。
講師スタッフは、全員が子育て経験者。どんなことでもご相談ください。

このページの先頭へ

特長

全クラス少人数制

「ぽぷら幼児童学園」の定員は、全学年1クラス8人まで。一人ひとりのお子様をきめ細かく丁寧に見ていきます。クラスの状況に応じて、メインの講師の他、補助の講師が入り、お子様をしっかりサポートしていきます。

お子さまの個性や能力を引き出す

子どもたちには、それぞれ個性があります。同じ年齢であっても育つ環境や伸びる時期は違います。他者と比べず、個々の才能をうまく引き出し、何事にも自信を持って取り組めるように導いていきます。やる気を引き出すには、褒めて、自分に自信を持たせることが大切です。「すごい!」「よくできたね!」「がんばったね!」という言葉がポンポン飛び交う授業を行い、「またやってみたい」「もっとやってみたい」という気持ちを高めます。


7つの領域を、バランスよく学習

記憶・数量・言語・思考・図形・知識・巧緻性

2歳児〜5歳児までの知能開発クラスでは、「記憶」「数量」「言語」「思考」「図形」「知識」「功緻性(こうちせい)」という7つの領域をバランスよく学習できるカリキュラムを取り入れています。学年に応じて、難易度も上がっていきますが、独自教材を含め、カラフルで楽しく学べる知育教具を使い、子どもたちは遊び感覚でパズルや積み木構成に取り組みます。

万全の体制で「受験」をサポート

ぽぷら幼児童学園では、幼稚園受験、小学校受験のコースがあります。 中学校や高校受験とは違い、幼稚園・小学校の受験は家族が一丸となって取り組まなければいけません。お子様の学習指導はもちろんのことですが、保護者の皆様の不安や心配も全て私たちがしっかり受け止めます。願書の書き方から面接での注意点などもきめ細かく対応させていただきます。私立幼稚園や私立小学校との連携もありますので、個別見学会や相談会もご希望に応じて実施いたします。

言語表現を豊かにする独自のプログラム

「ぽぷら幼児童学園」では、子どもたちの言語コミュニケーションを育むことに重点をおいています。授業の中でも、子どもたちの発する言葉や問いかけには丁寧に応え、会話をとても大切にします。知能開発クラスの授業の中で毎回、絵本や紙芝居の読み聞かせをし、内容について質問をしていきます。また、どんなところがおもしろかったかなど感想も話し合います。最初は、何も言えなくても、一言だけしか発言できなくても大丈夫。繰り返すうちにだんだんと自分の意見や思いが発表できるようになっていきます。

スタッフ全員が子育て経験者

講師スタッフは豊富な経験を持ち、全員子どもが大好きで、学ぶことが好き、そして家庭ではお母さんです。わが子と同じように愛情を注ぎながら関わっていますが、してはいけないことや他者に迷惑をかけるような言動があれば厳しく注意をします。躾の面においても安心して私たちにお任せください。
私たちも、同じ悩みや不安を抱きながら、迷いながら子育てをしてきました。どんなことでも話し合い、相談できる場でありたいと願っています。


このページの先頭へ

ぽぷら幼児童学園への思い

私は、これまで音楽教室や幼児教室にて10年余り、音楽教育、国立・私立有名幼稚園・小学校受験指導、早期知能開発教育に携わって参りました。
これまでの経験をもとに、子どもたちの個々の素晴らしい能力を引き出し、伸ばし、ご家庭と二人三脚で大切なお子様の育ちのお手伝いをしていきたいと願い、日々邁進いたしております。


代表 東條 和代
このページの先頭へ