大阪の幼児童教室ぽぷら幼児童学園

お知らせ
2021.08.11 上本町教室

「夏期講習会」レポート

7月30日(金)・31日(土)・8月1日(日)
上本町教室で夏期講習会を開催いたしました。

昨年は、コロナ禍で2日間の講習となりましたが、
今年は何とか3日間の講習会を行うことができました。
できるだけ密を避けるため、
午前、午後と3つの時間帯に分けて行いました。
参加してくださいました皆様、ありがとうございました。

夏休みのこの時期は、プリント学習も大事ですが、
幼稚園も夏休みに入るこの時期、
いつもより学習時間を多く持つことができるなら、
お絵かきや工作をすることをお勧めしています。

志望校に出る、出ないではなく、
手先を使うことは知能を伸ばすことにもつながりますし、
いくつかの与えられた指示を聞くということは、
全て口頭で指示をされる小学校受験においては、良い練習にもなります。
子どもたちにとっても良い気分転換にもなるかと思います。

今回の講習会でも、1日目に工作をしました。
そんなに難しい課題ではなかったですが、あえて詳しく説明をせず、
見本を置いて、このように作ってみましょう。
という指示を聞いて、子どもたちは制作に取り掛かりました。

うまく仕上がった子もいましたが、やはり指示を聞き洩らしていたり、
お手本のように作ることができなかった子が数人いました。
今の時期、「話を最後までしっかりと聞く」ことは
とても大事なことです。
何度も同じようなことをやっていると、プリントでも、パッと見て
「これ、知ってる。やったことある。」と思って間違ってしまったり、
印のミスをしてしまったりすることありますよね。
今一度、慌てず、今まで取り組んできたことに自信を持って、
取り組めるよう促してあげて下さい。

この夏休みもコロナ感染者が増加し、
大阪もまた緊急事態宣言下となりました。
子どもたちにとって、楽しみにしていたことが、
また、出来なくなったりしますね。
本当に可愛そうです。
ぽぷらの講習会も、子どもたちにとっては、
楽しいことではないかもしれません。
でも、子どもたちとじかに触れあいながら、学び合うことが、
今まで以上に貴重に、幸せに感じます。

小さな体で、元気いっぱいの笑みで、教室に来てくれること、
日々感謝です。
年長さん、あともう少し、いっしょにがんばりましょうね。