大阪の幼児童教室ぽぷら幼児童学園

お知らせ
2010.09.22 全校

「お話の記憶」第1弾 問題集【CD付】発売!

小学校受験問題の中でも、出題頻度が高い「お話の記憶」。
多くの問題に慣れて、しっかりと力を伸ばしましょう。

小学校受験の『記憶』の領域とは

小学校受験の『記憶』の領域の問題には、
「絵の記憶」「数の記憶」「図形の記憶」「位置の記憶」「お話の記憶」
などの分野があります。
特に、「お話の記憶」は多くの小学校で出題され、
小学校受験問題の中でも、出題頻度が高い問題です。
今秋、受験に挑まれる方には、ぜひ力を入れて
取り組んで欲しい問題です。

「お話の記憶」の問題とは

「お話の記憶」の問題とは、
お話を聞いた後に、その内容についての質問が出され、
その質問に答える、というものです。
実際の小学校入学試験には、
かなり長いお話を問題とする学校もあります。
1000~1200字程度、ちょっとした絵本1冊分ほどのお話を
聞かされることもあるのです。
問題も、お話しの内容によってさまざまです。
大切なのは、最後までお話を聞いていられる集中力、
お話の内容の理解力、お話を覚える記憶力です。
「お話の記憶」の問題では、これらすべての力が試されます。

「お話の記憶 第1弾」の内容について

ぽぷら幼児童学園が監修している「お話の記憶 第1弾」では、
短いお話を30話をCDにおさめています。
今から受験の準備を始められる年少、年中のお子様や、
「お話の記憶」が苦手な方にもおすすめです。
1話に1枚の解答用紙がついていますので、
最初は第1弾の短いお話から、
年齢に合わせて、だんだんお話を聞く時間を長くして
力をしっかりとつけていきましょう。

「お話の記憶」第1弾 問題集【CD付】
(監修・製作 ぽぷら幼児童学園)
3,000円→ぽぷら会員価格1,500円

お求めは、教室へお問い合せください。